不妊治療を横浜市鶴見区で受けるなら当院へ。不妊症の要因となる生理痛や生理不順、子宮内膜症などの婦人科疾患に対して鍼灸をおこない妊娠体質を目指します。妊娠をしてからも流産や逆子に対してもサポート

らしんどう鍼灸整体院
らしんどう鍼灸整体院
電話0457179411
電話04571794f11

タイミング法を早めから始めることで妊娠率が上がる2つの理由とは?

タイミング法 妊娠率アップ

横浜の鶴見で不妊治療を専門とした鍼灸院を開いております

羅針堂鍼灸整体院の佐藤です。

 

 

 

最近、日によっては夜寒い日もありますが

まだまだ残暑が厳しいですね。

 

 

 

 

昨日はサッカーの日本代表の試合があり

日本VSオーストラリア戦の熱い戦いがありましたね。

 

 

 

調度、お休みの日と重なったこともあり

最初から観戦することができ

2つの華麗なゴールシーンもばっちり観られましたし

ワールドカップ出場の瞬間も観れて良かったです。

 

 

 

さて、今回の本題に入っていきますが

妊活をするにあたって多くの方が取り入れているのが

タイミング法になってきます。

 

 

 

病院で言われた通りにおこなっている人もいれば

独自でタイミングをとって頑張っている人もいると思います。

 

 

 

 

中には薬を服用しておこなっている人もいるでしょう。

 

 

 

 

それに関しては何が良いとか悪いとかではないのですが

ここでお伝えしたいことは「回数」と「活動率」になってきます。

 

 

 

 

まず、性交渉の回数からお話しをしていきますが

当院を利用している方にお聞きすると

多くの方が2~3回との回答でした。

 

 

 

 

中には排卵日に合わせて1回という方もおりました。

 

 

 

 

この2~3回という回数はどうなんでしょう?

 

 

 

確かに排卵日が100%その日だと分かっていれば

この回数でも大丈夫かもしれませんが

病院での検査薬でも100%ではありません。

 

 

 

 

精子は子宮内でも2日程度は活動することは出来ますが

数日ずれるだけでも失敗の確率は下がります。

 

 

 

 

予定より後ろにずれるならまだしも

前にずれてしまうと排卵がきてから

性交渉をしている可能性もあります。

 

 

 

また、何日も射精をしていないと

いざ射精した時にも精子の活動率が下がってしまいます。

 

 

 

 

なので、ピンポイントの日にちでタイミング法をしている場合

精子の活動率が低下している可能性が考えられます。

 

 

 

できれば、1週間くらい前から1日おきくらいで

性交渉をしていき、排卵日前後はしっかりタイミングをとると

多少ずれたとしても排卵日前後は常に精子が子宮にいる状態となりますし

精子の活動率も高いため着床しやすくなります。

 

 

 

このことも踏まえて妊娠率を高めるのであれば

少し早めからタイミング法を実践するように心掛けましょう。

 


京急鶴見駅×鍼灸部門
京急鶴見駅×鍼灸部門
京急鶴見駅×接骨・整骨部門
2017年09月時点
MENU 生理痛で受診される方へ 不妊症で受診される方へ 逆子で受診される方へ 産後腰痛で受診される方へ Q&A お知らせ&ブログ 院内風景 お問い合わせ サイトマップ INFORMATION
院内

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ

TEL:045-717-9411

メールでのお問い合わせ

営業時間(完全予約制)

お問い合わせ

平日:
10:00~22:00
日・月曜日:
10:00~18:00
土曜日:
10:00~17:00
定休日:木曜日

所在地

お問い合わせ

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区
鶴見中央4-11-11-202

雑誌でも紹介されています。
公式LINEアカウント
友だち追加数