横浜市鶴見区で妊活生に対して鍼灸で不妊治療をおこない、妊娠体質となり未来のママを目指す鍼灸院となっております。妊活で必要なことをお伝えし、妊娠から出産までのサポートをしていきます。不妊症の要因となる生理痛や生理不順、子宮内膜症などの婦人科疾患にも特化しておりますし、妊娠をしてからも流産や逆子に対する治療もおこなうので出産まで安心!妊活での不安やお悩みもお聞かせ下さい!京急鶴見駅から3分、土日祝営業、完全予約制、平日22時までなので仕事帰りの方もご利用しやすくなっています。

らしんどう鍼灸整体院
らしんどう鍼灸整体院
電話0457179411
電話0457179411

不妊症の原因!過剰にアルコールを摂取していませんか?

不妊症の原因!過剰にアルコールを摂取していませんか?

不妊症の原因にはさまざまなものがありますが、毎日の過度な飲酒も不妊の原因になるのを知っていますか?因果関係自体ははっきりとしていないものの不妊の原因となる因子を増やしてしまいます。適度な量であれば飲酒は健康にもいいのですがついつい飲みすぎてしまう…そんなあなたは一度飲酒について見直しましょう。

 

過度な飲酒が不妊症になる原因

ではなぜ過度な飲酒が不妊症の原因を作りだしてしまうのか、その原因から見ていきましょう。人間の体にアルコールが入ると異物として判断します。異物として判断された後胃や腸に送られて分解するのです。この分解している時に大量に発生するのが「活性酸素」です。
この活性酸素が健康や美容に良くないことはみなさんも周知のとおりだと思います。活性酸素が過剰に分泌してしまうと本来なら健康な細胞まで攻撃してしまうことや、酸化させる原因となるのです。この酸化が起きることで卵子の老化を促してしまうこともわかっており、妊娠するために大切な卵子の質を下げることに繋がります。

過度な飲酒を続けると
・生理不順
・排卵障害
・奇形精子の増加
・受胎能力の低下
などを引き起こすとされています。
男性の場合は勃起不全などもありますのでお互いが飲酒に対して危機感を持つことも大切です。

 

妊娠を希望している人は飲酒しないほうがいい?

妊娠を希望している人の場合飲酒は嗜む程度にしておくのをおすすめします。
気分が良くなる程度に飲むのであれば活性酸素の発生を促すストレスの解消にもなりますよね。お酒のなかにはワイン(赤)のように抗酸化作用が強く健康にもいいとされるものもります。だからといって過度に飲みすぎてしまうのは問題です。なにごとも適度に楽しめるのが一番大切です。

ブリティッシュメディカルジャーナルの研究によると受胎能力に影響を及ぼすのは1週間にワインを5杯以上飲んだ場合だといいます。この生活を続けている糸の場合は飲酒をしない女性に比べて約半分程度の受胎能力まで下がってしまうこともわかっています。

妊娠を希望している場合、飲酒は適度に楽しめるものにしておきましょう。仕事のストレス発散がお酒だと言う人は違うストレスの発散方法を見つけることで妊娠しやすい体を作り出すことに繋がります。

因果関係はわからないにしても実際に研究でこういった数値が出ている以上、飲酒には十分に注意することが大切です。また妊娠中の飲酒も胎児の発育に影響があるとして禁止されていますので十分に注意してくださいね。

京急鶴見駅×鍼灸部門
京急鶴見駅×鍼灸部門
京急鶴見駅×接骨・整骨部門
2017年09月時点
MENU 生理痛で受診される方へ 不妊症で受診される方へ 逆子で受診される方へ 産後腰痛で受診される方へ Q&A お知らせ&ブログ 院内風景 お問い合わせ リンク サイトマップ INFORMATION
院内

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ

TEL:045-717-9411

メールでのお問い合わせ

営業時間(完全予約制)

お問い合わせ

平日:
10:00~22:00
日・月曜日:
10:00~18:00
土曜日:
10:00~17:00
定休日:木曜日

所在地

お問い合わせ

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区
鶴見中央4-11-11-202

雑誌でも紹介されています。
公式LINEアカウント
友だち追加数