不妊治療を横浜市鶴見区で受けるなら当院へ。不妊症の要因となる生理痛や生理不順、子宮内膜症などの婦人科疾患に対して鍼灸をおこない妊娠体質を目指します。妊娠をしてからも流産や逆子に対してもサポート

らしんどう鍼灸整体院
らしんどう鍼灸整体院
電話0457179411
電話04571794f11

子宮内膜症と不妊治療の関係

子宮内膜症 不妊治療

子どもが欲しいと願う夫婦は多いものですよね。大切な旦那様との子育ては大変なこともありますがとても幸せな時間です。子どもを通して学べることもありますし、子どもの無邪気な笑顔をみるだけでまるでプレゼントをもらったかのような気持ちになります。

 

 

子宮内膜症とはどんな病気なの?

そんなこれから子どもをと考えているあなたは子宮内膜症を知っていますか?

女性の多くが発症する子宮や卵巣の病気です。

なかなか子どもを授かれない…と思って不妊症の治療にいくと子宮内膜症が原因となり、他の人よりも妊娠しづらい体になっていることもあります。

 

子宮内膜症とは、子宮の内腔にしかできない組織が卵巣や卵管などの別の場所にできてしまう病気のことをいいます。できる場所は人によって違いますが、毎月の生理周期にあわせて内膜が剥がれる時に子宮内膜以外にできてしまったものが体の外に排出せず、そのまま蓄積してしまうことをいいます。

 

 

子宮内膜症は自分では気付きにくい病気

子宮内膜症は20歳~40歳の女性に発症しやすいものですが、最初はほとんど自覚症状がないことから気付かない人が多いのです。

 健康診断で発覚

健康診断を受診した時に生理でもないのに血尿の診断がでることがあります。そうなると病院での再検査が必要になるのですが、再検査した時に子宮内膜症だと診断を受ける人もいます。

 生理が重くなる

子宮内膜症になるとさまざまな痛みを伴うようになります。生理痛が重くなり中には毎回寝込んでしまうほどの女性も。腰痛や性交痛などさまざまな痛みを感じるようになり、生理が重くなることで受診してわかる女性も多いのです。

 下腹部がぽっこり

子宮内膜症が進行してくると外に排出しなくてはいけないはずの内幕が蓄積して大きな腫瘍ができてしまいます。腫瘍が大きくなると捻転などが起きやすくなりなかには破裂する時にとてつもない痛みで手術を受けることも。

腫瘍が大きくなると痩せている人でも下腹部がぽっこりしてきます。

 

子宮内膜症と不妊症の関係とは?

子宮内膜症がどうして不妊症の原因になるといわれているのかというと、子宮内膜で癒着をおこし卵管を塞いでしまうことで、受精ができにくい状態にしてしまうことがあります。

 

子宮内膜症には卵胞ホルモンの“エストロゲン”の働きが関係しており、現代の女性は妊娠や出産の回数が減ったこともあり。子宮内膜症に悩む人が増えています。

 

 

初期の段階であれば薬物療法などを用いながら、経過観察でも治療ができますが腫瘍が大きくなると手術が必要になります。

できるだけ早い段階で子宮内膜症に気付き治療することが不妊の原因をつくらないためにもとても重要です。

 

不妊専門 鍼灸師

 


京急鶴見駅×鍼灸部門
京急鶴見駅×鍼灸部門
京急鶴見駅×接骨・整骨部門
2017年09月時点
MENU 生理痛で受診される方へ 不妊症で受診される方へ 逆子で受診される方へ 産後腰痛で受診される方へ Q&A お知らせ&ブログ 院内風景 お問い合わせ サイトマップ INFORMATION
院内

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ

TEL:045-717-9411

メールでのお問い合わせ

営業時間(完全予約制)

お問い合わせ

平日:
10:00~22:00
日・月曜日:
10:00~18:00
土曜日:
10:00~17:00
定休日:木曜日

所在地

お問い合わせ

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区
鶴見中央4-11-11-202

雑誌でも紹介されています。
公式LINEアカウント
友だち追加数