不妊治療を横浜市鶴見区で受けるなら当院へ。不妊症の要因となる生理痛や生理不順、子宮内膜症などの婦人科疾患に対して鍼灸をおこない妊娠体質を目指します。妊娠をしてからも流産や逆子に対してもサポート

らしんどう鍼灸整体院
らしんどう鍼灸整体院
電話0457179411
電話04571794f11

新陳代謝が悪いと不妊症になるの?

不妊症に悩んでいる人の多くは新陳代謝が悪い人の可能性があります。

夏でも汗をかきにくく、手先が冷えてしまうなどの症状に悩んでいる人はいませんか。

新陳代謝は妊娠するためにはとても重要です。新陳代謝と不妊の関係について説明します。

 

新陳代謝が悪いと不妊症になるの?

不妊症の原因となる新陳代謝とは?

不妊症の原因の一つに血行不良があります。

血行不良になると血液の循環が悪くなり、冷え性などの原因をつくりだします。

血液の循環が悪くなると卵巣や子宮にも血液が行き届かなくなり、妊娠しにくい状態をつくりだしてしまいます。

 

新陳代謝が悪いと夏でも汗をかけなくなり、汗腺が正常に働かなくなります。体温調整が上手にできないことも不妊症になる原因となります。特に現代は冷房が効いた環境で生活することが増え、汗をかく機会が減っている人が多いのです。仕事の行き帰りしか外を歩かない、運動をしなければ汗腺は退化して汗がかきにくい状態になります。

 

血行不良を改善するためには適度な汗は必要です。

 

 

新陳代謝と冷えの関係性

新陳代謝を悪くしてしまいがちな人に多いのは体を冷やしてしまうということ。

冬だけでなく夏場にもいえることで体を冷やせば平熱が低くなり、免疫力の低下をはじめとしてなにもいいことはありません。

 

過度な露出や冷たい飲み物や食べ物ばかりを食べてしまう人は、できるだけ常温の食事や飲み物を、足首やお腹を冷やさないような生活に変えていきましょう。

 

また、シャワーの生活が多い人は短い時間でもお風呂につかるようにすると新陳代謝をあげることにつながります。こういった日々の継続が新陳代謝をあげて妊娠しやすい体をつくりだしているのです。

 

特に女性の場合、男性に比べて筋肉量が少ない人が多いので体が冷えがちになってしまうのです。冷え性だと自覚がある人は早急に対策を取り入れていきましょうね。こういった体質は工夫次第でいくらでも改善することができますので、諦めないようにしてくださいね。

 

 

不妊症を治すためには生活習慣の見直しは必要不可欠です。どんなに最先端の治療よりも、自分にあった治療法です。冷え性をそのままにしていると、不妊症だけでなくさまざまな不調を引き起こす可能性もあります。健康でいることはとても大切なことです。

 


京急鶴見駅×鍼灸部門
京急鶴見駅×鍼灸部門
京急鶴見駅×接骨・整骨部門
2017年09月時点
MENU 生理痛で受診される方へ 不妊症で受診される方へ 逆子で受診される方へ 産後腰痛で受診される方へ Q&A お知らせ&ブログ 院内風景 お問い合わせ サイトマップ INFORMATION
院内

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ

TEL:045-717-9411

メールでのお問い合わせ

営業時間(完全予約制)

お問い合わせ

平日:
10:00~22:00
日・月曜日:
10:00~18:00
土曜日:
10:00~17:00
定休日:木曜日

所在地

お問い合わせ

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区
鶴見中央4-11-11-202

雑誌でも紹介されています。
公式LINEアカウント
友だち追加数