横浜市鶴見区で妊活生に対して鍼灸で不妊治療をおこない、妊娠体質となり未来のママを目指す鍼灸院となっております。妊活で必要なことをお伝えし、妊娠から出産までのサポートをしていきます。不妊症の要因となる生理痛や生理不順、子宮内膜症などの婦人科疾患にも特化しておりますし、妊娠をしてからも流産や逆子に対する治療もおこなうので出産まで安心!妊活での不安やお悩みもお聞かせ下さい!京急鶴見駅から3分、土日祝営業、完全予約制、平日22時までなので仕事帰りの方もご利用しやすくなっています。

らしんどう鍼灸整体院
らしんどう鍼灸整体院
電話0457179411
電話0457179411

冷えが不妊の原因になるって本当?

そもそも冷えとは?

人の体は血液によって温めることが出来ます。
それがうまく調節されないもしくは
体温よりもその場所の温度が低いことをさします。

冷える箇所は人によって様々で、
手・足・お腹などか
体全体が冷える人もいます。

女性の7割は冷え症を持っていると言われ、
冬場だけでなく夏のエアコンで冷える人もいます。

不妊症にとってもこの冷えは
深い関係があります。

こちらでは冷える原因と
対策をまとめましたのでご覧ください。

不妊症を招く冷えの原因は

①外から受ける気温が低い

最近ではエアコンに1日中あたって仕事をする女性が増えています。

人は自分で体温をコントロール能力があります。
しかし、エアコンなどの人工的に温度を調節するところに長時間当たることで
コントロール能力が制御できなくなってしまいます。

これが続くことで冷える体質になります。

②食事で冷えを招いている

食事のとり方や栄養素によって血流が変わってしまうのをご存知ですか?

今の世の中ではファストフードやコンビニ食が溢れています。
添加物や保存料を多くとることで血管は狭くなり血流は悪くなります。

それに付随して胃腸の能力の低下も起こってしまいます。
消化する力が落ちることで無駄なところに力(血液)を使ってしまいます。

温める食事を摂ると良いと思います。

③自分で体温を上げる能力がない

①と②で話したように現代は便利になった分、マイナス要素も大きくなります。
人の体は順応する力があるので、悪いことが当たり前になってしまうのです。

元々、体温を上げる能力はみんな持ってします。
病気の関係で例外はありますが、ほとんどの方は一緒です。

ではなぜ冷える人と温かい人がいるのか?
それは生活習慣の質にあると思います。

④ストレスを感じると体が冷える

ストレスを感じると交感神経が活発に働き、血管を収縮させます。
血管の収縮が続くと手足などの末端やお腹は冷えやすくなります。

リラックスする時間やストレス発散する時間はとても大切です。

不妊症と冷えの関係は?

血流やホルモンバランスは内臓の状態も大きく関わってきます。
卵を育てる子宮やホルモンを出す脳も血液がないと働きません。

人間の体は血液の中にある栄養素や酸素で動いているのです。
妊娠するうえで大切な中の状態はフカフカしていて温かいものが理想です。
体が冷えるとお腹も冷えやすくなりますので不妊の原因になります。

更に、血流が悪いことで不妊に関わる病気を引き起こします。
子宮の状態をいいものでキープするためにも血液は必要です。

鍼灸のアプローチ

当院で行っている鍼灸は冷えに効果的です。
西洋医学では解明できない要素も
東洋医学を駆使する鍼灸では補えるからです。

鍼やお灸の効果には血管を広げる作用もあります。
体質を変えることで妊娠に近づけるでしょう。

最近では不妊症に対する鍼灸治療が広がってきています。
病院の治療と合わせて行うことをオススメします。

京急鶴見駅×鍼灸部門
京急鶴見駅×鍼灸部門
京急鶴見駅×接骨・整骨部門
2017年09月時点
MENU 生理痛で受診される方へ 不妊症で受診される方へ 逆子で受診される方へ 産後腰痛で受診される方へ Q&A お知らせ&ブログ 院内風景 お問い合わせ リンク サイトマップ INFORMATION
院内

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ

TEL:045-717-9411

メールでのお問い合わせ

営業時間(完全予約制)

お問い合わせ

平日:
10:00~22:00
日・月曜日:
10:00~18:00
土曜日:
10:00~17:00
定休日:木曜日

所在地

お問い合わせ

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区
鶴見中央4-11-11-202

雑誌でも紹介されています。
公式LINEアカウント
友だち追加数