横浜市鶴見区で妊活生に対して鍼灸で不妊治療をおこない、妊娠体質となり未来のママを目指す鍼灸院となっております。妊活で必要なことをお伝えし、妊娠から出産までのサポートをしていきます。不妊症の要因となる生理痛や生理不順、子宮内膜症などの婦人科疾患にも特化しておりますし、妊娠をしてからも流産や逆子に対する治療もおこなうので出産まで安心!妊活での不安やお悩みもお聞かせ下さい!京急鶴見駅から3分、土日祝営業、完全予約制、平日22時までなので仕事帰りの方もご利用しやすくなっています。

らしんどう鍼灸整体院
らしんどう鍼灸整体院
電話0457179411
電話0457179411

不妊治療をしているあなたが睡眠の質を上げるのに必要なOOとは?

こんにちは。

横浜の鶴見で不妊治療を専門としております

羅針堂鍼灸整体院の院長佐藤です。

 

 

 

 

 

いよいよ、本格的な夏となり

日中は外に出ると本当に暑いですね。

 

 

 

 

 

そんな中、先日新宿で

ジンギスカンのビアガーデンに行ってきました。

 

 

 

 

 

この解放感が素晴らしいですし

お肉も野菜も美味しくて大満足でした。

 

 

 

 

 

さてさて、こう蒸し暑いと中々寝付けないという方も

多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

不妊治療をしていく中で睡眠というのは

とても大切な項目になってきます。

 

 

 

 

 

今回、不妊治療を頑張っているあなたに伝えたいことは

睡眠の2時間前はスマホやパソコンを使うのは止めましょう

というお話しです。

 

 

 

 

 

今は布団の中でもスマホをいじったりして

寝る寸前まで使用している方が増えています。

 

 

 

 

 

現に当院に来ている不妊治療の患者さんも

よく使っている方が多いですし

そのまま寝落ちしてしまうって方もおります。

 

 

 

 

 

あなたはどうでしょうか?( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

目の神経「視神経」は脳と繋がっている神経になりますので

目の神経を酷使すると頭が活性化してしまうんですね。

 

 

 

 

 

そうすると、脳が活性化して睡眠の質が下がるとともに

自律神経も乱れる原因となります。

 

 

 

 

 

あとは、最近ではスマホなどの電磁波が

身体に良くないというお話しもあり

寝る時には身体とスマホを1メートル以上空ける

というのも重要になってきます。

 

 

 

 

 

電磁波は目に見えない物なので

中々、危機感を持つことがないかなとは思いますが

実際に精子の数が減ったりするデータもあります。

 

 

 

 

 

なので、このブログを読んでいるあなたに意識してもらいたいことは

 

①布団の中ではスマホを使わない

 

②寝るときはスマホを1メートル以上離す

 

 

 

 

 

最終的には睡眠2時間前にはスマホを使わないでほしいですが

最初はこの2つを今日から意識してみて下さい。

 

 

 

 

 

睡眠はストレスを緩和させたり、治す力を高めてくれるので

ホルモンバランスが重要な不妊治療ではとても大切になります。

 

 

 

 

 

少しずつ良い習慣を身に着けていきましょう(^◇^)

 

 

 

 

横浜で不妊治療をするなら

是非当院にご相談下さい。

京急鶴見駅×鍼灸部門
京急鶴見駅×鍼灸部門
京急鶴見駅×接骨・整骨部門
2017年09月時点
MENU 生理痛で受診される方へ 不妊症で受診される方へ 逆子で受診される方へ 産後腰痛で受診される方へ Q&A お知らせ&ブログ 院内風景 お問い合わせ リンク サイトマップ INFORMATION
院内

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ

TEL:045-717-9411

メールでのお問い合わせ

営業時間(完全予約制)

お問い合わせ

平日:
10:00~22:00
日・月曜日:
10:00~18:00
土曜日:
10:00~17:00
定休日:木曜日

所在地

お問い合わせ

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区
鶴見中央4-11-11-202

雑誌でも紹介されています。
公式LINEアカウント
友だち追加数