不妊治療を横浜市鶴見区で受けるなら当院へ。不妊症の要因となる生理痛や生理不順、子宮内膜症などの婦人科疾患に対して鍼灸をおこない妊娠体質を目指します。妊娠をしてからも流産や逆子に対してもサポート

らしんどう鍼灸整体院
らしんどう鍼灸整体院
電話0457179411
電話04571794f11

子宮内膜の厚さと着床率

こんにちは。

 

 

横浜市鶴見区で不妊症を

専門とした鍼灸院を開いております、

羅針堂鍼灸整体院の高瀬です。

 

 

本日は

子宮内膜の厚さと着床率について

話していきたいと思います。

 

 

子宮内膜とは

子宮の内側の壁のことで、

粘膜組織になります。

 

 

厚さは月経時に変化し、

剥がれ落ちる機能層と

剥がれ落ちない基底層の

2つに分かれています。

 

 

妊娠の準備として、

排卵までに機能層が厚くなり

着床しやすい環境を作ります。

 

 

妊娠が成立しないと

経血として機能層が

外に流れ出る仕組みです。

 

 

その後、次の妊娠に向けて

基底層が準備します。

 

 

ですので、生理が終わった直後は

誰もが厚さは1㎜程度しかありません。

 

 

しかしその後は、排卵に向かって

機能層が増殖し

一般的には排卵前に

8㎜以上の厚さになります。

 

 

この時点で子宮内膜に

十分な厚さがないと

妊娠しづらい身体になってしまいます。

 

 

6㎜以下だとほぼ妊娠できない、

8㎜以上あっても細胞の増殖が少なければ、

妊娠の確率が下がると言われています。

 

 

研究の結果では、

子宮の厚さがあればあるほど

妊娠の可能性が上がるという報告があります。

 

 

子宮内膜の厚さは

とても重要になってきます。

 

 

薄くなってしまう原因は

はっきりとわかっていませんが、

女性ホルモンの機能低下や

薬の副作用と言われています。

 

 

その反対に厚すぎるのも問題で、

エストロゲンの影響を過剰に受けることで起こる

子宮内膜増殖症というのもあります。

 

 

不妊症でお悩みでしたら、

妊娠できる身体であるか

検査してみることをおすすめします。

 

 

高瀬


京急鶴見駅×鍼灸部門
京急鶴見駅×鍼灸部門
京急鶴見駅×接骨・整骨部門
2017年09月時点
MENU 生理痛で受診される方へ 不妊症で受診される方へ 逆子で受診される方へ 産後腰痛で受診される方へ Q&A お知らせ&ブログ 院内風景 お問い合わせ サイトマップ INFORMATION
院内

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ

TEL:045-717-9411

メールでのお問い合わせ

営業時間(完全予約制)

お問い合わせ

平日:
10:00~22:00
日・月曜日:
10:00~18:00
土曜日:
10:00~17:00
定休日:木曜日

所在地

お問い合わせ

〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区
鶴見中央4-11-11-202

雑誌でも紹介されています。
公式LINEアカウント
友だち追加数